ギフテッドの子どもたち

多くのことに気づく。

探究心・好奇心が旺盛。

数字や文字に強い興味を持つ。

科学的・芸術的・言語的分野などに高い関心がある…

 

そんなユニークな能力を感じさせる子どもがいます。

この生まれながらの能力を、ギフトだと考えます。

 

ギフトを持った子どもたちは一律の集団指導になじまないことも多く、

学校教育からドロップアウトしてしまう例も珍しくありません。

聡明な一面をもちながら、人一倍苦手なこともある、

理解とフォローの必要な繊細な子どもたちなのです。

 

日本にはギフテッドという概念が根付いておらず

定義も確立していないため、

型にはまらない彼らの成長を支えていくことは容易ではありません。

安心して過ごせる居場所、

得意や好きなことに向き合える環境、

チャレンジできる世界こそが彼らには必要です。

 

子どもたちが自分のギフトを大切に、

希望を持って成長していける環境を作りたい。

そして、こうした子どもたちの存在を正しく知ってもらいたい―

 

ギフテッド応援隊は全国に活動の輪を広げています。